ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」で得た収益は課税対象、フィリピン財務省見解

]

フィリピン財務省の次官が、ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」によって発生する収益は課税対象になると発言した。8月23日に現地メディアが報じている。

Antonette Tionko次官は、たとえゲーム内であろうとも収益が生じるものについては所得税の対象となることに言及。特に財務省と内国歳入庁が、「Play to Earn」として注目を集めるブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」の動向を観察しているとした。

Axie Infinityは、ベトナム拠点のSky Mavisが運営するブロックチェーンゲームだ。キャラクターをNFTとして発行することで、売却目的で育成したり他のプレイヤーから購入したりできる。

Axie Infinityが人気を博したのは、ゲーム内通貨SLPを法定通貨に換金できる「Play to Earn」の機能が備わっているためだ。特にフィリピンやインドネシアなどで爆発的な人気を獲得し、ユーザーが増え続けている。こういった新興国では、Axie Infinityを通して得られる収益が1ヶ月あたり平均1,200ドルとなっており、これは同地域における最低賃金の5倍以上になるという。

フィリピン財務省のTionko次官は、Axie Infinityのトークンが資産であるか証券であるかは、証券取引委員会(SEC)と中央銀行によって議論されているという。また、運営のSky MavisがSECに事業者登録をしていない点についても言及し、「国内の財源を通して発生した収益に対しては、国内で納税しなければならない」と説明している。

仮にAxie Infinityのトークンが証券と認定された場合、ライセンスを取得していないSky Mavisには違法性が指摘される可能性があるだろう。これについてSky Mavisの共同創業者兼COOを務めるAleksander Leonard Larsen氏は次のように述べている。

「我々は、SLPを販売したり市場で流動性を提供しているわけではない。」あくまでプレイヤーによって自発的に形成された「Play to Earn」の仕組みであることを強調した。

【参照記事】Philippines Looks to Tax Hit Blockchain Game Axie Infinity: Report

a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速(あたらしい経済)

]

バイナンス・スマート・チェーンがイーサリアムを超えた──今、注目の「GameFi」とは?

]

あらゆるパブリックブロックチェーンがDeFi(分散型金融)におけるイーサリアムの優位性に挑戦しようとしたのは、まだほんの少し前のこと。イーサリアムベースのNFTゲーム「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」があっという間に大成功した後、そうしたブロックチェーンは1000億ドル規模のゲーム業界で成功を収めている。

ブロックチェーン間の競争における最新エピソードは、暗号資産取引所バイナンス(Binance)がサポートするパブリックブロックチェーン「バイナンス・スマート・チェーン(Binance Smart Chain:BSC)」が以前、DeFiで起きたことと同様に、1日あたりの取引数で再びイーサリアムブロックチェーンを超えたことだ。

アクシー・インフィニティを上回るユーザー数

BSCが前回、イーサリアムを取引数で上回ったのは、DeFiブームの中でBSC上のDEX(分散型取引所)、パンケーキスワップ(PancakeSwap)が大人気となったため。だが今回の逆転は、BSC上のあまり知られていないゲーム「クリプトブレイズ(CryptoBlades)」によるものだ。

DappRadarによると、過去30日間のクリプトブレイズのユーザー数は62万1000人以上、一方、アクシー・インフィニティは27万1000人を少し上回る程度だった。

バイナンスのCEO、チャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏は7月31日に「バイナンス・スマート・チェーンは昨日、1000万件以上の取引を処理した。イーサリアムは120万件だった」とツイートした。

バイナンス・スマート・チェーンの1日あたりの取引数

出典: BscScan.com

同時期のイーサリアムの1日あたりの取引数

出典:Etherscan.io

「DeFiとGameFiは成長中」とジャオ氏は続けた。そして、BSCは1日あたり2000万件の取引を処理できるのかとの質問に対して、「(私は)専門家ではない。だが、すぐに分かると思う」と答えた。

この一連のツイートは、バイナンス・スマート・チェーン(BSC)でのゲームの成長に対するジャオ氏の興奮を示している。同氏はBSCはイーサリアムに挑戦するものではないとしていた。

Game+DeFi=GameFi

ところで「GameFi」とは? なぜ、さまざまなブロックチェーンがこの分野に殺到しているのだろう?

「GameFi」とは、ゲームとDeFiを1つにまとめた言葉で、金融の仕組みをゲーム化したもの。ユーザーはゲームをプレーすることで利益を得ることができ、「プレー・ツー・アーン(play-to-earn)」とも呼ばれる。

表面的には「ゲーム」がキーワードだが、コアな部分では「金融」が最も重要になっている。

バイナンスおよびBSCのユーティリティートークンである「バイナンスコイン(BNB)」と、バイナンスが提供している米ドル連動型ステーブルコインの「バイナンスUSD(BUSD)」は、どちらもBSC上のゲームで重要な役割を果たしている。

例えば、クリプトブレイズで使うネイティブトークン「SKILL」を購入するには、プレーヤーはまずBNBを購入し、BSC上のDEX(分散型取引所)のApeSwapでBNBをSKILLに交換しなければならない。つまり、BNBの需要とApeSwapの流動性は大きくなる。

また、ゲーム内でのキャラクターや武器の取引などには、一定の取引手数料をBNBで支払う必要がある。

ゲームの価値

バイナンス・スマート・チェーン(BSC)のエコシステムコーディネーター、サムサル・カリム(Samsul Karim)氏は、バイナンスコイン(BNB)はBSC上の多くのゲームで使われており、BSCに財務的な価値ではなく、「文化的な価値」をもたらしていると述べた。

イーサリアムのレイヤー2ソリューションを提供するポリゴン(Polygon)も、ゲームがポリゴンにもたらす経済的価値を優先したわけではないようだ。

ポリゴンは最近、ブロックチェーンゲームとノンファンジブル・トークン(NFT)に特化した組織「ポリゴン・スタジオ(Polygon Studios)」を設立した。同組織のシュレヤンシュ・シン(Shreyansh Singh)氏は、ポリゴンのガバナンストークン「MATIC」をポリゴンが提供するNFTやゲームで使用することは意図的なものではなく、より速く、より安価な決済手段を考えたときに自然な結果だったと述べた。

バイナンスとポリゴンだけが、ブロックチェーンを使ったゲームの可能性に注目しているわけではない。他の暗号資産企業やブロックチェーンも大きな一歩を踏み出している。

暗号資産デリバティブ取引所FTXは分散型ゲームのスタートアップ企業、Yield Guild Games(YGG)とのスポンサー契約をはじめ、複数のNFTゲーム関連の投資を発表した。

完璧な結婚とリスク

多くの暗号資産関係者にとって、ゲームと暗号資産の組み合わせは完璧な結婚に思えるようだ。

「暗号資産はマスマーケットでのユースケースを求めていた。ゲームは長い間、人気を集めている分野であり、暗号資産やブロックチェーンに詳しくない一般の人々が参加できる、暗号資産の最初の分野となる」と投資会社エフィシェント・フロンティア(Efficient Frontier)のアンドリュー・ツー(Andrew Tu)氏はCoinDeskに語った。

実際、アクシー・インフィニティは、Token Terminalのデータによると、過去30日で2億2000万ドル(約240億円)以上を稼ぎ出し、あらゆるDeFiプロジェクトとブロックチェーンの中でNo.1の収益をあげた。

出典:Token Terminal

暗号資産データ分析会社The Tieのジャスティン・バーロウ(Justin Barlow)氏は「アクシー・インフィニティはブロックチェーンベースのゲームの実用的なユースケースも示しており、この分野への新規参入者に道を切り開いた。アクシーの成功で大手ゲーム会社は数年のうちにこの分野に参入し、ブロックチェーンゲームを広く普及させるだろう」と語った。

盛り上がるGameFi業界だが、急速に成長していることでリスクもある。

「Yield Guild Games(YGG)のトークンセールが30秒で1250万ドル(約14億円)を集めたことは、市場参加者がホットな分野から別のホットな分野にスイッチすることに何の迷いも感じないことを示している。これは今年はじめのDeFiの熱狂と変わらない」とロンドンにあるクオンツ金融管理企業Synergia Capitalのデニス・ビノコウロフ(Denis Vinokourov)氏はCoinDeskに語り、いかなる結論を出すにも市場はまだ「初期段階」と付け加えた。

|翻訳:coindesk JAPAN

|編集:増田隆幸

|画像:Shutterstock

|原文:Binance Smart Chain Beats Ethereum by Some Metrics Thanks to Latest ‘GameFi’ Craze

‘Axie Infinity’ full gameplay review: Addictive, engaging, and exciting

]

Again, let me be very clear that my assessment of the length player interest is just based on my own experience playing competitive games. To find out the real figure for sustained player interest in Axie for all types of players (breeders, battlers, deck builders, we’ll get to those in our next article, along with the blockchain elements), well, I suppose there would be a lot of complex math involved.

フィリピンの規制当局「アクシー・インフィニティのゲーム内収入は課税対象」

]

フィリピンで人気を博している「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」について、フィリピン財務省のアントネット・ティオンコ次官は、アクシー・インフィニティを含む「プレイ・トゥ・アーン(Play to earn:報酬を得られるゲーム)」のゲームをプレイして得た利益が所得税の対象になると明らかにした。

8月23日のインクワイアラーが報じた。

ティオンコ次官は報道の中で「仮想通貨は資産であるため、フィリピンではすでに課税対象だ。獲得した通貨は所得となり、それを報告する必要がある」と述べた。

しかしティオンコ氏は、ゲームで得た利益は「所得税の対象になる」と主張する一方で、アクシー・インフィニティのゲーム内NFTやネイティブトークンであるスムース・ラブ・ポーション(SLP)やアクシー・インフィニティ・シャーズ(AXS)が有価証券とみなされるのか、通貨とみなされるのかは、まだ分類できていないとした。

同氏は、この問題は中央銀行と証券取引委員会が判断すべきだと付け加えた。

「証券なのか?通貨なのか?この区別は課税ルールを決めるのに関係する。しかし、どのような性格のものであっても、それは課税対象であり、所得税の対象だ」

SLPトークンとAXSトークンは、アクシー・インフィニティをプレイすることで獲得できるが、SLPはゲーム内通貨として機能し、AXSはコミュニティのガバナンストークンとなる。

プレイ・トゥ・アーン・ゲームは、パンデミックの中でフィリピン全土で爆発的な人気を博した。フィリピンではアクシー・インフィニティをプレイすることで、同国の賃金に匹敵する収入を得ることができる人も出てきているという。

ティオンコ氏は、アクシー・インフィニティを開発したベトナムのゲームスタジオであるSky Mavisが、フィリピン国内から収入を得ているにもかかわらず、フィリピン国税局に登録されていないことも強調した。

このニュースを受けてSLP市場では売りが殺到し、8月24日にはトークンが15%も暴落した。

コインゲッコーによると、SLPはここ数ヶ月、ジェットコースターのようなパフォーマンスを見せており、4月26日の0.035ドルから突如900%以上もの上昇を見せ、5月2日には0.36ドルを超える史上最高値を記録した。

その後、SLPはおよそ0.13ドルから0.35ドルの間で激しく揺れ動いており、現在、市場は7月の高値から60%下落している。